世田谷区の放射線診断科 CT検査 エコー|いいむろ内科クリニック|日曜日も診療

放射線診断科

キービジュアル

放射線診断科について

イメージ

当院の院長は内科、消化器内科の専門医であると同時に、放射線科診断専門医でもあります。このため、当院のCTを活用し、肺がん検診や各種人間ドックを行って参ります。

CTスキャン

CT(コンピュータ断層撮影装置)スキャンとは、X線装置とコンピュータを組み合わせた医療機器です。X線を360度回転しながら照射して人体の横断面を撮影し、各方向からの像をコンピュータ処理することによって、その平面画像を得る検査装置です。臓器やその周辺の異常がわかり、特に脳、肺、腹部の診断に優れています。

当院のマルチスライスCTスキャン(16列)

従来のCTスキャンでは、1回転で1スライスの断層画像の撮影しかできませんでした。しかし、当院で導入したCTスキャン(16列)は、現在、最先端の16スライスのマルチスライスCTで、1度に16枚の断層画像を撮影することが可能です。これにより、高精細な画像が得られ、より確かな画像診断が行えます。しかも、検査時間が飛躍的に短縮され、患者さんの放射線被ばくの量も低減しています。

胸部X線検査

心臓をはじめ、肺や大動脈などの形や大きさ、状態を映し出します。心臓が拡大していないか、形はどうなっているか、肺の動脈や静脈は太いか細いか、途中でとぎれていないか、肺の内部に水が溜まっていないか、うっ血は無いか、大動脈の状態はどんなか、炎症や腫瘍は無いかなど、様々なことがわかります。

CT colonography

CTを使用して、肛門から二酸化炭素を注入(専門器具)し、CTを撮影し、大腸カメラの代わりとなるものです。大腸カメラの困難な超高齢者の方や体動困難な患者様用です。

大腸を炭酸ガスの注入によって拡張させ、CTを用いて撮影することで大腸の3次元画像を得ることができます。
大腸内視鏡検査と比較すると、直接内視鏡を挿入して大腸を観察する内視鏡検査よりも、前処置の負担が少なく、 より苦痛の少ない大腸の精密検査方法です。欧米ではCTを用いて大腸がんを診断することが一般化しており、 日本でも大腸がん検査に大腸CTが行われるようになってきましたが、メリットもあればデメリットもあります。
デメリットは、直接大腸粘膜を観察しているわけではないので、粘膜の色の変化がわからない、病変をみつけても 生検(組織をつまんで病理検査をすること)ができない、またポリープをみつけてもその場で切除できない、などです。
このため、当院では、大腸精査の第一はやはり大腸カメラと考えています。
大腸CTの適応と考えられるのは、何度もお腹の手術をされていて、大腸に癒着があり、大腸カメラが通りにくい方( もしくは実際大腸カメラが通らなかった方)や体力的に大腸カメラを受けることが困難な方と言えますが希望する方はお気軽にお尋ね下さい。

超音波検査

腹部エコー

イメージ

お腹にゼリーを塗り、息を吸ってお腹を膨らませたり、息を止めたりしてもらいながら検査を行います。胆石などの結石、腹部臓器の腫瘤など、腹部の様々な病変が発見できます。

医院概要

医院名 いいむろ内科クリニック
診療科目 内科・消化器内科・放射線診断科・肝臓内科・糖尿病内科
住所 〒154-0004
東京都世田谷区太子堂3-28-16
TEL 03-3487-1166
アクセス ●電車
東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅徒歩10分
京王井の頭線「下北沢」駅 徒歩15分
●バス
渋谷駅西口 36番乗り場 東急バス【渋51】若林折返所行
「太子堂中学校」下車 徒歩30秒
駐車場 当院9台完備(大型車やトラックの駐車はご遠慮下さい)
駐輪場 あり
休診日 祝祭日
カード クレジットカード対応可
診療時間
9:00~
13:00
15:00~
19:00
:担当医師 飯室 護
:担当医師 飯室 護、平井 雅倫

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。