世田谷区 三軒茶屋の肝臓内科、いいむろ内科クリニック|日曜日も診療

肝臓内科

キービジュアル

ウイルス肝炎などの肝疾患を診療

イメージ

肝臓は“沈黙の臓器”と言われるように、問題が生じていても自覚症状の現れないことが多くて見過ごされやすいため、適宜検査をし、何らかの肝疾患が発見されたら、適切な治療を受けることが大切です。
当院の肝臓内科では、B型肝炎、C型肝炎などのウイルス肝炎をはじめ、脂肪肝等の生活習慣病からくる肝疾患など、肝機能障害に関する診療を行っております。

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)

ほとんどお酒を飲まない人が脂肪肝炎になり、肝硬変、肝がんへと進行するケースがあります。これは、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)と言われ、自覚症状もほとんどありません。主な原因は、肥満・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)、薬剤摂取などとされていますが、そのメカニズムはいまだによく解明されていません。確定診断の際は、血液検査などでは判断がつかないため、肝臓に針を刺し、肝臓の組織や細胞の一部を採取する肝生検が必要です。
非アルコール性脂肪肝炎の治療には生活の改善が大切で、低エネルギーで栄養バランスの良い食事を心がけ、適度な運動を取り入れます。こうした生活改善によっても肝機能異常が治らない場合は、薬物療法が行われたりします。

検査を受けたほうがよい方

肝機能検査では異常が無い場合でも、肝炎ウイルスに感染していることがありますので、一生に一度は肝炎ウイルス検査を受けることをお勧めします。特に、以下の項目に当てはまる方は、ぜひ検査をお受けください。

  • これまでB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス検査を受けたことが無い方
  • ご自身のB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス検査の結果をご存じでない方
  • ご家族にB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに感染している方、肝がんの患者さんがいらっしゃる方
  • 健康診断の血液検査で肝機能(AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTなど)の異常を指摘されたものの、まだ医療機関を受診されていない方
  • 母子感染予防策が実施されていなかった1985年(昭和60年)以前に生まれた方
  • 輸血や大きな手術を受けた方
  • 入れ墨、医療機関以外でのピアス穴開けをしたことのある方

医院概要

医院名 いいむろ内科クリニック
診療科目 内科・消化器内科・放射線診断科・肝臓内科・糖尿病内科
住所 〒154-0004
東京都世田谷区太子堂3-28-16
TEL 03-3487-1166
アクセス ●電車
東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋」駅徒歩10分
京王井の頭線「下北沢」駅 徒歩15分
●バス
渋谷駅西口 36番乗り場 東急バス【渋51】若林折返所行
「太子堂中学校」下車 徒歩30秒
駐車場 当院9台完備(大型車やトラックの駐車はご遠慮下さい)
駐輪場 あり
休診日 祝祭日
カード クレジットカード対応可
診療時間
9:00~
13:00
15:00~
19:00
:担当医師 飯室 護
:担当医師 飯室 護、平井 雅倫

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。